So-net無料ブログ作成

tiny dinosaurの秘密。 [tiny dinosaur]

everlastingsproutのコレクションから、急ぎtiny dinosaurの
会場に移動しましたが、着いたのは定刻開始時間5分前。
ただ、他の方も時間が押していたので、同じような感じでした。

コレクションは独特のtiny dinosaurのムード。
スペクタクルがあるわけでもなく、
かといって必要以上にシリアスで緊張感みなぎる、というわけでもなく
かといって日常そのもののユルさが蔓延するわけでもなく…。
1点1点によく計算されたフォルムやディテールがあり、
フツウに見えるのに、フツウのものが無い、そんなコレクション。
終わった後、テーラードのジャケットで、後ろが綺麗にドレープしている
作品が印象に残ったのですが、同席した他の方からも、
同じ意見が。
「あの商品良かった」という、個別のアイテムに対する会話が
今回のJFWでは少なかったのですが、tiny dinosaurではそれがありました。
20090330_01.jpg

その週末。
表参道のギャラリーでの展示会では、できたての新作を見る事ができました。
迷彩のように見えたプリントにはチョコレートがあったりとか、
あのジャケットの綺麗なドレープはおもりを仕込んだことで生まれていた、
ということがわかったりとか、発見もいろいろ。
そして、デザイナーの山本尚美さんとも、少し長くお話できました。

もの静かな方なのですが、きちんと言葉でご自身のクリエイションを
論理的に説明できる方です。
前から感じていたことなどをお話すると、興味深い答えが返ってきます。
たとえば、ショウピースのような派手なものは作ろうと思えば作れるのでは?
と伺うと、それはできるが、どこかにありそう、という説得力のあるリアリティを
ショウにおいても求めている、とのこと。
音楽もいつもオリジナルを使うのも、ショウの空間時間全てをデザインするから
だそうで、それも含めてショウがリアリティを失わないことが大事なんだそうです。
だからといって、まったくの日常の延長でもダメで、
ありそうなのに、見た事がない、そんな風景を描き出すことに
tiny dinosaurのクリエイションがあると。
言葉は違うと思いますが、そのような意味のことをおっしゃったと思います。
そして、それはtiny dinosaurというブランド名の由来にも関係しているそうで、
dinosaur=恐竜は確かに存在したのに、誰も実際に見た人はいない。
そんなリアルでありながらファンタジーでもある存在が、ブランドのクリエイションに
通じているんだそうです。そして、tinyという形容詞も、かわいくありたい、
という服への思いを込めるとともに、相反する要素をひとつにすることの衝突から生まれる、
というブランドコンセプトそのままの、自己矛盾するtiny dinosaurという名前じたいが
象徴になっているんだそうです。

最後に、なんかtiny dinosaurって、ミュージシャンズミュージシャン、みたいな感じで、
デザイナーズデザイナーって感じなんですよね、って言うと、
ちょっと笑ってらっしゃいました。
上手く伝わった、ということなんでしょうか。
うちのお店でも「不思議と」売れて行くブランドなんです。

というわけで、明日は定休日。
また展示会で東京なんですが、いろんなデザイナーさんから
たくさん吸収できればいいなあ、と思い、頑張って行って来ます!!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

JFW終了。

昨日でJFWは終了。
ウイーク、というくらいだから、1週間なんですね。
振り返りはようやく水曜のエバーラスティングスプラウトまで、
終わりました。
そして、雨の中、5分前に会場入りしたのがtiny dinosaur。
いや〜、できればもう少し早く着きたかった!
でも、遅れなくて良かった!のショウでした。
タイニーは、週末に展示会を開いていて、
昨日、坂部さんのショウの前に、じっくり2時間、拝見してきました。
そこでいつも少ししかお話できない山本さんとも、
今回はずいぶん長くお話して、またまたブランドとクリエイションの
核心に少し近づけたような気がしました。
ショウのことと含めて、ちょっと長めに書こうと思いますので、
今日は、ここまで!
続きは明日でご勘弁を。
20090329_03.jpg

しっかし、桜の咲く季節なのに、寒いですね〜。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

大混雑

ミキオサカベのコレクション@ホテルクラスカ。
キャパオーバーで大混雑中。
前々シーズンのSOMARTAを思い出します。
3回めは鬼門なのか?!
090328_1812~01.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

JFW5日め(欠席)

今日は会社の決算の打合せで名古屋に戻りました。
本当は東京に居たかったのですが、しょうがないですね。
そして、東コレ振り返りはまだ、2日めのスズキさんまででした。

その日の夕方にはAGURI SAGIMORIのショウがありました。
今回で3回目、従来のブランドのイメージを継続しつつ、
新たなテーマに取り組んだコレクションでした。
ダークなファンタジー。
ダークなエレガンス。
言葉はともかく、数シーズン前はそれ自体が強烈な個性たりえた
このテイストも、今シーズンは先行するパリやニューヨークで、
ひとつのトレンドになっているようです。
不況時の黒、というカラートレンドを消化する手段として、
ダークな××、というのがお手軽だったのか。
このような状況は鷺森さんにとって、追い風なのか、逆風なのか。
あらためてブランドの存在感が問われるシーズンになりました。

20090328_11.jpg
3日めはeverlastingsproutから。
雨の東京は、春ものしか持っていかなかった身には、寒さがこたえました。
インビテーションが届かなかったハプニングも、
デザイナー・村松さんのご配慮で、全くトラブルにならず、
しっかり拝見できました。
大掛かりなインスタレーションは他のクリエイターさんの作品で、
その世界でランウエイショウが展開します。
ブランドの世界観、それを服以外の要素で補強することは
ランウエイショウを行うひとつの意味だと思います。
そこで見えたエバラスの世界が、いつもより鮮明であれば、
今回のコラボレーションは成功だったと思いますが、
さて、結果はいかに?!

このあと、新宿から次のタイニーダイナソーの会場の原宿まで、
急いで移動しなければなりません。
開始は12時。終わったのが11時半過ぎ。
雨の東京を急いで移動します。
(つづく)
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ファッション

JFW4日め。

今日は朝から天気も良く、行動開始しました。
blogの方は初日までしか振り返ってませんでしたので、続きをお話します。

2日めはスズキタカユキのインスタレーションからでした。
今回、インスタレーション形式でコレクションを発表するところも目立ちました。
経費の側面と表現の問題。
お話を伺うとスズキさんの意図は明確でした。
ファストファッションがモードを消費する現状で、クリエーターの作る服の価値は、アート的価値の側面や、着る人との服を通した濃密なコミュニケーションに、
より重要さが増している。
ランウェイショウの形式を取らないことで、現状のファッションの状況を肯定しない態度を明らかにするとともに、
インスタレーション形式を取ることで、観る側と同じ時間・空間を共有したかった、
そのようにスズキさんはお話してくださいました。
そして、ランウェイショウはその場限りだけど、インスタレーションは持ち運べるとも。
ここにも、今後の展開のヒントがありそうです。

長くなりましたので続きはまた。

前回の記事の写真は、SHINMAIプロジェクトのオープニングを飾った、
モデルロボット。
上手く行くかどうかわかりませんが、
携帯からムービーを送ってみます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

JFW3日め。

東京は寒いです。
今日は雨だし。

コレクション、色々拝見しています。

matohuはいつもより強さを感じるコレクションで、roomserviceの一面!個人的には「かぶき者」のテーマでもっと突き抜けたものが来るかと期待しましたが。ニットの表現の幅が広がったように感じます。

mintdesignsは今回もミント!でした。
有刺鉄線のモチーフは「反抗期」といいつつ、どこか楽しげ。
フェイスマスクなど新ネタもきっちり仕込み、プロダクトをデザインするというブランドの姿勢が鮮明です。
プリントもユニークで、コレクションには貫禄すら感じます。

さて、続きと写真の説明は後ほど。
090323_1513~01.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

mintdesigns

今日からJFWです。
matohuのコレクションが終わって、これからmintdesignsで今日は最後。
前回のオープンエアな会場から一転、場所は東京タワー地下駐車場。
タイトルは「ミントデザインズの反抗期」。期待して待ちたいと思います。
090323_2026~01.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nara store@mobile [nara store]

連休の最終日は雨でしたね。
お出かけされた方も、今日はゆっくりご自宅でくつろがれたり
したのでしょうか。
前の記事でご案内致しました通り、明日3/23(月)より、
いよいよ第8回JFW(ジャパンファッションウイーク)がスタートし、
nara storeも臨時休業して最新のコレクションを
拝見してきます。
3/26(金)は事情があって、お店を開けるために名古屋に戻る予定です。
その日のコレクションが見られないのはとても残念です。
招待状をくださったデザイナーのみなさま、申し訳ありません。

せっかく東京に行くのだから、と今回新たなトライアル!
名付けて、
nara store@mobile
これは、ふだん名古屋にあるnara storeが、JFWの期間だけ
移動店舗になってみよう、という試みです。
こう書くと、なんかカッコイイ屋台風のお店でも出すのか、
と思われそうですが、そうではなくて、ただ、
私、小川がハンドキャリーできる商品を期間中持ち歩く、
という極めて原始的なトランクセールをする企画です。
といっても、たくさんは持てませんので、今回は
アクセ関係限定にしました。
以下のブランドを持って、あちこち歩いてますので、
もしご興味あったり、ちょっと寄ってほしいな、なんて思ったら、
メールやお電話をください。

20090322_10.jpg

nara store@mobile

+nnn
+wool,cube.wool!
+made in COLKINIKHA(一部アクセのみ)
+axcent of scandinavia(時計)

@mobile限定のお値打ち商品もご用意しております。
よろしくお願いします。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

連休はいかがですか?

今日も昨日に続いていい天気ですね。
風もひどくないし。
こんな天気だからか、昼間はたくさん公園でくつろぐ方の
姿が見えました。
ちょっと花粉もあるらしいのか、それが大変だという声も
ちらほら。
昔のように、ただ春だから暖かくなって嬉しい!とはいかないのが、
なんだか残念ですね。

春ものが少しずつ動いていますので、ブランドによっては
そろそろ見て戴いた方が…というところもあります。
お好きなブランドがありましたら、お早めに。
数は少ないんですが、過去の春夏の商品を
少しお見せしています。
20090321_01.jpg
Hemworkのニットやキャミなんかは、重ねてそろそろ出番かも。
20090321_02.jpg
KAMISHIMA CHINAMIも繊細な製品染めならではのカラーが、
今年の春にも全然イケそうです。

ところで、こんな暖かな天気なのに、
未だ手のしもやけとあかぎれに苦しんでます。
これで花粉症が始まったら、なんか季節感の無い人になりそうです。
勘弁して欲しいですけどね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。