So-net無料ブログ作成

昨日のKINO。 [KINO]

昨日は臨時休業で大変ご不便をおかけいたしました。
ご来店いただいたお客様には、申し訳ございませんでした。

さて、お店をお休みにしたのはANREALAGEのインスタレーション形式での
'08-'09AWコレクションの発表があったからなんですが、
展示会の最盛期、いくつもの展示会を廻らせていただきました。

まずは渋谷のマニコレ。
過去に1シーズンだけ扱っていた、transvestiteも出品していました。
3フロアにわたってたくさんのブランドが出ていましたが、
ピンと来るものは残念ながらなく、次へ。
渋谷から青山に向かって、KINOの展示会へ。
アトリエ近くのスペースで新作を見せられていました。

会場ではデザイナーの石川智恵さんが商品の説明をしてくださっていました。
KINOの東京でのランウエイは今回は見送りとのことでしたが、
3月末にはロシアでの合同ショウに参加されたとのこと。
その写真を拝見しましたが、クラシックな会場で、ゴージャスなシャンデリアに照らされ、
鏡面のランウエイを歩くという素晴らしい演出でした。
しかしながら、トラブル続発だったようで、いろいろお話を伺いました。
エレガンスなテイストにモード感をプラスして存在感のある服作りはさすが。
大人の女性のためのモードエレガンス、といったところでしょうか?
お店では以前もご紹介した、こちらの商品を展開中。
20080229_11.jpg
20080229_10.jpg
20080229_12.jpg
帰り際に石川さんからロシアのおみやげ、ということでお菓子をいただきました。
20080410_01.jpg
絵がロシアっぽくてカワイイ。

その後はもう一件、最近注目度の上がっているあるブランドにお邪魔し、
次は代々木八幡のHemworkへ。
今回は盛夏&プレフォールということで、型数はいつもより少ないので、
連休明けの商材の相談をしてすぐに次へ。
新宿のパークハイアットのさらに北?にある、
tiny dinosaurの新アトリエへ。
tiny dinosaurもKINOと一緒にロシアに行かれたので、
苦労話はいろいろ聞きました。結構大変な目に遭ってますね。
新作のサンプルを見ながら値段を聞いて唸ったり、歓声を上げたり。
今回も充実していました。その証拠に、会場がすごく混んでましたから。

そしていよいよANREALAGEへ。
いやいや、いつもながら行って良かったと思いました。
この話は、また別の日に。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

KINOと春のゲストスタイル。 [KINO]

今日から3月ですって。
早いですね。もう3月。春も花粉ももうそこまで、って感じでしょうか?

お店は昨日で'07AWのクリアランスセールを終了し、今日から春物メインで営業しております。
もう雪が降ろうが、氷点下になろうが、気分は春ですよ!

さて、前の会社にいた時に、お世話になった某大手アパレルの取締役の方に
ご縁をとりもっていただいたブランド、KINO。
東京コレクションで作品を発表し、評価を得ているブランドです。
デザイナーの石川智恵さんはジャストビギやINDIVIの企画を経て独立されたキャリアの持ち主です。
うちのお店には少し大人の要素が強いのですが、
ゲストスタイルでワンピースを探される方が結構いらっしゃるので、
少しオーダーをさせていただきました。
もし、KINOファンの方がいらっしゃるようでしたら広げていきましょう、
ということで。
'08SSのKINOのテーマは"She is a part of flower -SECRET GARDEN-"。
彼女は花の一部、ということで、花びらのようなシルエットなどを
抑制の利いたタッチでドレスに仕上げています。
コレクションルックには印象的なものも多いのですが、
nara storeでは、リアルなゲストスタイルに使えるモノをピックアップしました。
20080229_11.jpg
肩から大きな飾りが全身を彩る花のドレス。
首もとのドレープも上品です。
35,000円。
20080229_10.jpg
モダールポンチのワンピース。
シンプルな形で、ポンチというニット組織の生地を使ってあるので、
ほどよいドレープが胸元に表れています。
ニット組織ということはしわも出にくく、扱いも楽です。
セミフォーマルウエアとして持っていらっしゃると使い勝手もいいと思います。
30,000円。

20080229_12.jpg
ケーブルニット。腕を通してそのまま前に垂らすという、ちょっと不思議なスタイルですが、
コーディネイトしやすくて人気があるそうです。
18,000円。

春は卒業式や入学式、歓送迎会など華やかな機会も多いものです。
ときどきご相談を受けるのですが、パーティってどんな格好で行けばいいか
わからないと、多くのみなさんがおっしゃいます。
アドバイスをさせていただく時に伺うのは、

パーティの場所
パーティの趣旨や主催者の方
出席される方の雰囲気

などです。
ホテルが会場なら、それなりの装いがマストでしょうし、レストランなどですと、
その雰囲気に合わせるのが自然です。
パーティの趣旨が儀式と懇親の割合が何対何なのかで、
きっちり〜華やかのさじ加減がわかります。
主催者の方が華やかなものが好きがどうか、また男性か女性かも基準になりますね。
女性が主役なら、やっぱり主役より目立つのはまずいですから。
出席される方の雰囲気というのは、たとえば男性の方はみなスーツか、
あるいはノータイなどラフな感じもオッケーか?
男性の服を予想するとパーティの許容範囲がわかりやすくなります。
そして、同性の出席者の方の傾向を伺って、それに合わせるのか、
それともちょっと差をつけて目立っちゃうのか、
そんなところでほぼ、当日の服のイメージができると思います。
うちのお店にいらっしゃる方は、はっきりと、あるいはさりげなく、
いずれにしても人とは違う服を求めていらっしゃる方が多いです。
SOMARTAの記事でお話しましたが、お手持ちのお洋服を新鮮に見せる、
っていうのもお金がかからなくていいと思います。
ぜひ、お迷いでしたらご相談ください。

そして3/1、入荷もありました。
スズキタカユキの草木染めバッグ。
23,000円。
20080301_01.jpg

そして、花とギターは一気に入荷。
某サイトをチェックしましたが、そこには無い商品も結構あります。
こちらは明日の記事でご紹介します。
予告に1点だけ。
20080301_02.jpg
フラワーパッチワーク・プルオーバーブラウス15,800円。
というわけで、花とギターファンのみなさまは明日をお楽しみに!




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。